HOME>会社情報トップ>概要・沿革

会社情報

ごあいさつ

代表取締役 宮城俊木 写真

明治42年創業の弊社は、味噌・醤油の製造から始まりました。初代は麻の販売のために都会へ行った折、醤油がお店で販売されているのに目を留めます。
当時、田舎ではまだ味噌や醤油は自家製だった時代。しかし、いずれは田舎でも醤油を購入する時代が来るのではないかと考え、醤油造りの職人を招聘して教えを請い、商売を始めました。
しかし、2代目の時代になると戦争が勃発します。戦後の統制経済の下、原料である大豆や米の入手が困難になりました。そこで、近隣の野菜や山菜を使った漬物や佃煮の製造に転向します。
3代目の時代は、高度経済成長期に入ります。旅行客の増加に伴ったお土産の需要を見込んで、観光土産市場に参入します。
そして私、4代目の時代。地元のお客様が喜んでくださって、お知り合いの方にも差し上げたいと思ってくださるような商品をつくりたい。自分がおいしいと思う商品を作るべく「木の花屋」のブランドを立ち上げました。
出来るだけ長野県産の野菜を使った商品作りをしたいと考えていましたところ、おかげ様で地元や「信州の伝統野菜」の生産者の皆様とのご縁も出来ました。昔から綿々と受け継がれてきた地域固有の野菜たち。そして、それらの野菜を使った食文化も同時に受け継がれています。
私たちは漬物・佃煮という伝統的な食文化を継承していくのと同時に、その素材である地域固有の野菜を絶やすまいと努力されている生産者の皆様の思いも、一緒にお客様にお届けしたいと考えています。
時代の変化は速く、激しくなっているように感じます。弊社がこれまでそうであったように、これからも時代とともに変化していくことが必要だと思います。しかし、守っていくべき大切なものがあることも忘れないようにしていきたいと考えています。


有限会社宮城商店
代表取締役 宮城俊木

▲このページの先頭へ