HOME>木の花屋トップ>カテゴリー別一覧・漬け物文化の広報活動

木の花屋

漬け物文化の広報活動

2010.11.18 千曲本店にて 「こどもが喜ぶパーティー料理」教室をいたしました。

image01.jpg

幼稚園に通うお子様をお持ちのお母様向けの「おさなご」という雑誌の企画で料理教室を致しました。①信州ハムさんの「グリーンマーク」のこだわりのソーセージと弊社の野沢菜佃煮を使った太巻き②野沢菜しそしょうゆ漬を使った木の花屋風ケーク・サレ③戸隠大根味噌漬を使ったスタッフドエッグと3品作りました。簡単なのに意外におしゃれ♪お試しくださいませ。料理教室の様子はキャリマのブログをご覧ください。

(2010年11月18日更新)

パリのお客様より嬉しいメール♪その2♪

DSC00193.jpg

嬉しいメールの第2弾が届きました♪
「信州の福神漬け入りじゃがいものお焼き」です。
中身は日本的でもあるのに、なんだかやっぱりオシャレですね。
(EMIKO)

日本はまだ暑い日が続いていますか。
パリは一日のうちに雨、曇り、晴れが一時間ごとに繰り返すという典型的な秋を告げる天気が続いています。どうやら暑い夏は今年はもう終わりのようです。ちょっと寂しいですが、だけど日本のあの猛暑をもう一度体験したいと聞かれたら絶対NO!なのでこれで満足するようにしています。
・・・・中略・・・・では、また漬け物ライフ、工夫してみますね。こんな美味しい漬け物がパリで食べれるなんてシ・ア・ワ・セ。

作り方は、レシピ紹介のページをご覧ください。

(2010年08月16日更新)

お客様より、嬉しいメールをいただきました♪

%21cid_88EE3E6A-907B-494D-A2B3-7E9E71F80AD6.jpg

パリにお住まいの元気なで素敵なママさんから、写真付でレシピをいただきました。日本の食品は貴重なので一層喜んでいただけたのでしょうけれど、嬉しいです。ご本人様にもご了解いただきましたので、下記にご紹介します♪(EMIKO)

今日野沢菜しそ醤油漬のお漬け物で簡単チャーハンを作ってみました。お漬け物の歯ごたえと風味を十二分に活かしたかったので、お漬け物は炒めた後に混ぜ込んだだけです。本当に馬鹿みたいな簡単レシピですが、残り物でささっと出来るので簡単で経済的です。

ご飯 一合
卵 一個
玉ねぎ 1/2個
野沢菜しそ醤油漬 好みでですが、私は大さじ1ぐらい
いりごま 大さじ1

中華鍋に油を入れて熱して卵を割り入れてすぐにほぐします。
そこにみじん切りした玉ねぎを入れてよく炒めます。
玉ねぎが透き通ってきたらご飯を入れてよく混ぜます。
火からおろして野沢菜しそ醤油漬といりごまを混ぜ込んではい出来上がり。

濃い味が好きな人は塩を少々加えてもいいですが、お漬け物に既に塩分が含まれているので私は塩は入れていません。

ってこんな感じでまたいろいろ考えてみますね。
みょうがのお漬け物はあまりにも美味しくてレシピを考える暇無く完食してしまいましたー。ごめんなさい。

嬉しいメールでした♪
皆様もお試しくださいませ。

(2010年08月10日更新)

7月13日(火)のSBCテレビ「3時は!ららら」で木の花屋本店を紹介していただきます。

201007071449000.jpg

201007071449001.jpg

201007071449002.jpg

千曲市は杏の産地です。ただいま、杏の収穫真っ最中! 
そこで、地元テレビ局の方が収穫の様子を取材に来てくださったのですが、せっかく近くまで来たので、とのことから、本店の”木の花屋風漬物のだし茶漬”や「千曲市産玉ねぎの味噌漬」、「ズッキーニピクルス」も取材いただきました。
収録後、アナウンサーさんが「本当に美味しいですね!」とおいしそうに召し上がってくださったのがまた嬉しかったです。増田本店店長の一生懸命な思いが伝わるよい番組になりそうです♪7月13日(火)14:55からの信越放送をお楽しみに♪

(2010年07月08日更新)

信州の伝統から生まれる新しい食文化~漬物の新しい風~

0520%20002.jpg

0520%20008.jpg

軽井沢Pホテル様で行われたIBMユーザー研究会の和みプログラムでお話とミニミニ料理教室をさせていただきました。小さなプログラムとはいえ、このような大きなシンポジウムで、こんな私が弊社の話をさせていただけるなんて、本当に有り難い出会いです。緊張しましたが、一生懸命な思いは伝わったようでホッと致しました。(EMIKO)

(2010年05月20日更新)

菜の花と根菜のしょうが味噌漬スープがおいしい季節です♪

CIMG1546.jpg

先日テレビ信州でご紹介したしょうがの味噌漬と牛乳のスープが好評です。
テレビではベーコンを使いましたが、ハムでもしゃぶしゃぶ用の薄切りの豚肉でもOKです。お肉がなくても根菜だけでも大丈夫です。
また、しょうが味噌漬がない場合はふき味噌でもいいですよ。
暖かくなったり、寒くなったり、この時期は春と冬が交互にやってきます。体とこころにおいしいスープを是非お試しください。

(2010年03月05日更新)

2009.10.24マンズワインの収穫祭に行ってきました♪

CIMG0789.jpg
CIMG0793.jpg

実りの秋です♪この日は当社のザワークラウト(ドイツ語)を使ってシュークルート(フランス語)やホットドッグを販売したり、おつまみ用の盛り合わせを販売しました。写真は左から、サラダピクルスとワッサー桃のピクルスとザワークラウトと福神漬です。下はハーブ鶏の燻製にブルーベリーのコンフィチュールを添えてみました。ワインに合うと大好評!


さて、木の花屋の味噌漬や佃煮は隠し味に赤ワインを使っているものがあります。


20年前にマンズワイン様から是非ワインを使った漬物を開発して欲しいとありがたい依頼をいただきました。ワイン好きの私はさっそく新製品を考えてみたのですが、なかなかうまくいきません。そこで、隠し味に使ってみると、これがおいしくなりました。


酒粕やワインを少し加えると味噌の量を少し控えても豊かな味わいになるのです。発酵食品は仲良しなのですね。

(2009年10月25日更新)

2009.10.18同級会

CIMG0740.jpg

CIMG0741.jpg

CIMG0736.jpg

日曜定休の千曲本店で貸切の同級会です。予算がないので簡単にとのことから、当店で致しました。”カトウのハーブ鶏の燻製とピクルス””白うり粕漬を芯にまいた信州サーモンの燻製””ワッサーのピクルス”と混ぜご飯です。燻製を切って並べるだけですので、とても簡単で、しかも結構豪華な感じの地産地消のメニューになりました。不意のお客様やちょっとしたパーティにはとても便利です。皆様も是非お試しください。なお、先生還暦の記念品は奥様を意識して!ジアンのセットです。

(2009年10月19日更新)

お月見バージョンの漬け物料理

CIMG0661.jpg
CIMG0658.jpg

善光寺門前の弥生座さんでお月見バージョンの漬物料理をご紹介させていただきました。素敵なお皿に盛り付けていただき、一層おいしいそうです。おすすめの白うり粕漬のスタッフ・ド・エッグとチーズと味噌漬の生春巻の他、いよいよ新発売間近の「杏干」を盛り合わせました。

さて、「杏干」というと和菓子のようですが、実は梅干のようなものです。塩漬なのですが、四年熟成なのでまろやかな深い味わいです。独特の食感とかすかに香る杏仁がなんとも言えず風雅な味わいです。お楽しみに!

(2009年10月07日更新)

ちょっと早いですが・・・素敵なおせちが出来上がりました♪

CIMG1265.jpg
CIMG1268.jpg

今年も漬け物おせちに挑戦です。
木の花屋本店スタッフがさっと盛り付けました。
「わ~♪意外に素敵♪」と感嘆の声があがりました。
実はこれ、デパートの限定おせちのカタログ用の写真です。

お祝いのお酒にはもちろん、急なお客様の時も、とても便利です。
また、お買い物に行けなくてもこれさえあれば!!

ご家庭でも簡単に盛り付けていただけますので、お正月は日本の伝統文化の漬け物でおせちはいかがでしょうか。

(2009年09月18日更新)

≪ 前のページ   次のページ ≫

▲このページの先頭へ

このページを印刷する