会社概要

ごあいさつ

明治42年創業の弊社は、味噌・醤油の製造から始まりました。初代は地元で採れた農産物などの販売のために東京へ行った折、醤油がお店で販売されているのに目を留めました。
田舎ではまだ味噌や醤油は自家製だった時代でしたが、これからは田舎でも醤油を購入する時代が来るのではないかと考え、醤油造りの職人を招聘して教えを請い、醤油の製造を始めました。
しかし、2代目の時代戦争による統制経済の下、原料である大豆や米の入手が困難になりました。そこで、近隣の野菜や山菜を使った漬物や佃煮の製造に転向します。
3代目の時代は、高度経済成長期となりましたので、旅行客の増加に伴ったお土産の需要を見込んで、観光土産市場に参入します。

代表取締役 宮城俊木の写真

そして4代目の時代。地元のお客様が喜んでくださって、お知り合いの方にも差し上げたいと思ってくださるような商品をつくりたい。
そんな思いで、私たちは「木の花屋」のブランドを立ち上げました。
出来るだけ長野県産の野菜を使った商品作りをしたいと考え、おかげ様で地元や「信州の伝統野菜」の生産者の皆様とのご縁も出来ました。昔から綿々と受け継がれてきた地域固有の野菜たち。そして、それらの野菜を使った食文化も同時に受け継がれています。

私たちは漬物・佃煮という伝統的な食文化を継承していくのと同時に、その素材である地域固有の野菜を絶やすまいと努力されている生産者の皆様の思いも、一緒にお客様にお届けしたいと考えています。
時代の変化は速く、激しくなっているように感じます。これまでそうであったように、これからも時代とともに変化していくことが必要だと思います。
そして、また、守っていくべき大切なものがあることも忘れないようにしていきたいと考えています。

有限会社宮城商店
代表取締役 宮城俊木

木の花屋(このはなや)とは・・・

*名前の由来について

木花咲耶姫の優しい心を大切に引き継いできた、この地域の人々の心を、後世まで伝えたいと思い、語り継がれてきた地元の民話から頂戴いたしました。千曲市さらしなには、月の名所として有名な姨捨山があります。松尾芭蕉も訪れたその大岩の横に長楽寺というお寺がありますが、この民話はそこに伝わる縁起でもあります。
詳しくはこちら

*ブランドという概念について

私たちは、「売れ“続ける”しくみをつくる」ことが、すなわち「ブランドつくりである」と考えています。

ですから、はるか古から人々の命をつなぎ、生活を豊かに支えてきた伝統食に敬意を表し、感謝し、その文化を次の時代に引き継ぐことを使命としています。

ブランドマネージャー 宮城恵美子の写真

そのためには、社員が毎日誇りを持って働き、お客様の多様な人生の中でほんの一瞬でも「ホッとできる幸せ」を感じていただけるような商品を作ります。その対価としてお金をいただき、次にそのお金を使って野菜を購入することにより、農村や人々の生活を守ることができると信じています。そして、その自然の恵みと作り手の努力からうまれた野菜を使って、また心を込めて商品を作り続けます。

私たちは、冬には野山が凍るこの信州で、夏や秋に採れた旬の野菜を大切に保存する知恵を、すばらしいと感じています。食べきれない野菜を「塩に預けて感謝していただく」伝統の知恵とその本来の美味しさを伝え続けてまいります。

*木の花屋の商品について

木の花屋では、国産野菜を使用し、出来るだけ生産者様の顔が見える地元野菜を使用し、保存料や着色料は一切使わずに漬物やつくだに、そうざいなどをつくっています。味噌の大豆も国産です。
信州伝統野菜を使った商品は現在十数種類ございますが、まだまだ増やしてまいります。

旬の野菜を大切に保存する文化から生まれた、深い味わいの『漬け物・佃煮』。私たち、木の花屋は、商品を通じて、皆様のこころのふるさとになりたいと願っています。

木の花屋
ブランドマネージャー 宮城恵美子

木の花屋、地味のロゴ

経営理念

  1. 1伝統的食文化の継承と新たな食文化の創造により、お客様の心を真に豊かにできる会社を目指します。
  2. 2全ての社員が仕事を通じて価値観を高め、人間的に成長できる会社を目指します。

会社概要

会社名 有限会社宮城商店
所在地 〒387−0017 長野県千曲市中355
敷地面積 3000m²
創業 明治42年(西暦1909年)
会社設立 昭和35年10月31日
代表者 代表取締役 宮城俊木
資本金 1000万円
売上高 1億9000万円(平成30年2月)
従業員数 25人(含パート)
事業内容 漬物、山菜佃煮、コンフィチュールの製造、販売
経営理念 1.伝統的食文化の継承と新たな食文化の創造により、お客様の心を真に豊かにできる会社を目指します。
2.全ての社員が仕事を通じて価値観を高め、人間的に成長できる会社を目指します。
「木の花農場」
概要
長野県麻績村日向 上野原(30a)
長野県麻績村日向 野田沢(30a)
長野県麻績村日向 仁平前畑(10a)
長野県千曲市中(5a)
長野県長野市戸隠豊岡(10a)
会社外観
漬物工場の様子
漬物工場の様子
漬物工場の様子

沿革

明治42年 味噌・醤油製造業として創業
昭和20年 漬物及び山菜佃煮の製造を始める
昭和35年 有限会社宮城商店設立
平成 2年 長野県園芸特産振興展において、
「山ごぼう入胡瓜てっぽう漬」で全日本漬物協同組合連合会長賞を受賞。
これを機に品質にこだわった商品に取組む。
平成 3年 工場増築。
平成 5年 「木の花屋」の名前で直売を始め、漬物・佃煮の新しいあり方を模索。
平成 8年 「まずは素材から」との方針で、契約農場にて社員自ら野沢菜作りに挑戦。
平成 9年 工場一部改築。
長野県園芸特産振興展において、「しそ巻唐辛子入胡瓜てっぽう漬」で長野県知事賞受賞。
平成11年 食品衛生優良施設として県知事賞を受ける。
平成12年 長野県園芸特産振興展において、「白うり大吟醸粕漬」で全日本漬物協同組合連合会長賞を受賞。
平成13年 7月7日、善光寺門前の長野市大門町に「木の花屋大門町店」をオープン。
長野県園芸特産振興展において、「唐辛子入ピクルス」で長野県知事賞受賞。
平成14年 長野県園芸特産振興展において、「野沢菜きざみしょうゆ漬しその実入」で長野県漬物協同組合理事長賞を受賞。
平成15年 7月21日、「木の花屋本店」オープン。
長野県園芸特産振興展において、「みそ&かす漬」で長野県園芸特産振興展推進協議会長賞を受賞。
平成16年 長野県園芸特産振興展において、「蒸かし茸のしょうゆ漬」で全日本漬物協同組合連合会長賞を受賞。
平成17年 長野県園芸特産振興展において、「きのこピクルストマト風味」で総合食料局長賞を受賞。
平成20年 長野県園芸特産振興展において、「ハーブ入ピクルス」で長野県知事賞を受賞。
平成21年 食品安全マネジメントシステム「ISO22000」取得。
長野県園芸特産振興展において、「戸隠大根味噌漬」で長野県園芸特産振興展推進協議会長賞を受賞。
平成23年 長野県園芸特産振興展において、「村山早生ごぼう味噌漬」で 農林水産大臣賞を受賞。
平成24年 長野県園芸特産振興展において、「山ほおずきシロップ漬」で 長野県園芸特産振興展推進協議会長賞を受賞。
平成27年 食品衛生優良施設として日本食品衛生協会会長表彰を受ける。
長野県園芸特産振興展において、「八町きゅうり粕漬」で全日本漬物協同組合連合会長賞を受賞。
平成30年 3月23日、軽井沢駅に「木の花屋軽井沢店」オープン。
長野県園芸特産振興展において、「ぼたんこしょうきざみ味噌漬」で全日本漬物協同組合連合会長賞を受賞。
明治創業時の申告書類の写真
明治創業時の申告書類
大正期の醤油製造日記(味噌・醤油製造の頃)の写真
大正期の醤油製造日記(味噌・醤油製造の頃)
2代目の写真
2代目 宮城隆治
工場の庭での野沢菜漬の作業風景
工場の庭での野沢菜漬の作業風景
近くの神社での野沢菜漬の集荷作業風景
近くの神社での野沢菜漬の集荷作業風景
3代目の写真
3代目 宮城守雄
漬物工場の様子と大きな樽の写真
漬物工場の様子と大きな樽
昭和期の集合写真
昭和期の集合写真